うつの治療

うつ病の症状は主に抑うつ状態や意欲低下、物事に対して関心や興味がなくなってしまう、食欲が低下したり、睡眠障害になってしまい入眠障害や中途覚醒などの症状が起こることがあります。
うつ病は精神疾患になりますが、【こころ】の症状ばかりに目が行きがちですが、【身体】に対しても症状が現われるのが特徴となっています。
症状として、疲労感や倦怠感、下痢や便秘、肩こりや腰痛などの痛み、性欲減退などが挙げられます。
身体的な症状が前面に出やすく、精神的な症状が隠れてしまいがちで、うつ病であるこに気付かなくなっていることもあります。
こういった状態を【仮面うつ】と呼びます。
うつ病の症状が重くなると強い罪悪感を感じてしまい、自分を責めてしまったり、過去を振り返って悩んでしまったりします。
また自殺企図をするようになってしまい、死にたいと考えてしまうようになってしまいます。
こういった場合には通院での治療ではなく、病院に入院して治療となるケースもあります。
うつ病になると多くの人に初期症状としてみられるのが不安感であり、「どうなってしまうのか」「他の人にどう見られるか」など不安感に襲われます。
治療の初めとして不安感を取り除くのが最初の治療となります。
デパスという抗不安薬があります。
デパスとは、純国産の医薬品であり、万能薬として知られているクスリです。
急にくる不安感や緊張感を緩和してくれる作用があり、身体をリラックスさせる効果のあるクスリです。
また不眠症の中でも入眠障害のある場合には睡眠導入剤としても使用されているクスリとなっています。
身体がリラックスするのは筋弛緩効果があるためで、この効果によって痙攣性の病気や肩こり、腰痛などにも作用してくれます。
多くのジェネリックも登場しており、エチラームなどのクスリもあります。
同一の効果で値段は安いのでエチラームもお勧めです。
ジェネリックは海外からの購入となるので、欲しい方はネットからでも購入できるので検索してみてください。